SUPERNAIVE JP • SHLO MUSIC
  • English
    • SUPERNAIVE

      SUPERNAIVEに付いて

      SUPERNAIVEは、パリと東京を股にかけ、ユニークで繊細な感性で電⼦子⾳音楽とアコース ティック⾳音楽を織り交ぜる、⾳音と⾎血でつながった⼆二⼈人兄弟である。

      2017年年6⽉月発売のEP « Dazed & Confused » の成功に続き、2018年年4⽉月には « Lions & Pigs » をリリース。⽬目下、初のアルバム « NEKOMATA » の発表を準備中である。

      兄弟は今回、ほぼ同じ顔をした夢幻の世界の⼈人物に姿を借りる。永遠の若さを象徴する童 ⼦子の能⾯面を被ると、その詩⼼心の現れである分身は⾳音楽にのって⽣生気を帯びる。

      ⼆二⼈人はすでにフランスと国外(東京、ニューヨーク、⾹香港)の多くの会場でライブまたは DJセットで演奏している。

      新作ライブ

      新作ライブでは、⼆二⼈人は能⾯面を被って夢幻の 世界の分身に成り変わる。 シンセサイザー、リズムボックス、アコース ティック楽器器(パーカッションとギター)を 使い、⾃自作の曲をライブ向けにアレンジした ノリのいい新しいバージョンで演奏する。ス テージ中央の⾼高さ1.70mに吊るされたLED電 球の⾚赤提灯が舞台演出効果を⾼高める。

      ディスコグラフィー

      LIONS & PIGS EP

      « Lion & Pigs » に収録された暗く謎めいた4曲は、ある夏のパリの うだるような暑さの中で作曲された。そこにあるのは、機械⾳音の鋭 く⾦金金属質の響きとコントラストをなす、湿って絡みつくような有機 質の⾳音の世界である。⾮非情と優しさが⼊入り交ざるこれらの曲は、荒 涼とした夜の⾵風景を思わせる。

      最初のEPとは対照的に、ここではSUPERNAIVEのゴツゴツして稠 密な「SUPER」の側⾯面が⾒見見える。これはその芸術的表現の急激か つ決定的な転換を画する作品で、異異⾊色の⾳音楽とビジュアルの体験を 提供している。

      2018年年4⽉月27⽇日にリリース

       

      1/ LIONS & PIGS
      2/ BE MY FRIEND
      3/ SAME PATTERNS AGAIN
      4/ BYE BYE BLAISE

      DAZED & CONFUSED EP

      SUPERNAIVEはこのEPで思春期の煩悶を表現し、ミュージック ビデオ « Opal Waltz »(リンクは次ページ)で映像化した。« Dazed & Confused » は時系列列に沿った構成で、最初の曲 « Monsters in my bed » から最後の曲 « Sacrifice » に⾄至るまで に、⼦子供時代の純真さは永久に失われる。この構想には、⽇日本 の漫画家、⼤大友克洋⽒氏の作品に着想を得た美意識が脈打ってい る。この最初のEPはデュオの「NAIVE」な部分である。

      2017年年6⽉月16⽇日にリリース

       

      1/ MONSTERS IN MY BED 
      2/ NAÏVE
      3/ OPAL WALTZ
      4/ SACRIFICE

      動画

      • SUPERNAIVE NEKOMATA TOUR
      • SUPERNAIVE - Naïve
      • Supernaive - Be My Friend
      • Supernaive - Opal Waltz
      • Supernaive - Dazed & Confused

      写真